Webデザイナー・コーダー・プログラマーの違い

Web業界について勉強したいと考えた時に、似たような職種が多くて、違いがよく分からないという意見はよく聞きます。
本記事では、「Webデザイナー」「コーダー」「プログラマー」の違いを解説していきます。

WEBデザイナー

Webサイトの「見た目」をデザインし、PC・スマホ・タブレットで、そのデザインが表示されるようにコードを記述する人です。
(※企業によっては、デザインとコーディングは分業になっており、デザイナーはデザインだけを行うところもあります。)

主に仕事で使うのは、
・PhotoshopとIllustratorを用いたデザインスキル
・HTMLとCSSコーディングのスキル
・JavaScriptの基礎的な知識

Webデザイナーは、デザインだけをやっていれば良い分けではありません。言語を扱うコーディングの知識も必要です。両方できないとまったく仕事ができないわけではありませんが、出来た方が圧倒的に有利です。

コーダー

コーダーの仕事は、Webデザイナーが作成したデザインを、Webブラウザで再現するためにコーディング(言語化)をすることです。主にHTMLとCSSという言語を使って記述します。

スキルと役割はデザイナーと被りますが、コーダーの場合は、より高度なコーディングを行います。
閲覧するブラウザやデバイスによってデザインが再現されないことがあるので、デザイナー以上にWeb全般の深い知識を有している必要があります。

これまではコーダーとしての必須スキルはHTMLとCSSのみとされてきましたが、最近では、Webサイトに動きをつけるためのプログラミングの領域まで仕事の幅が広がってきています。
これを行うために必要なプログラミング言語がJavaScriptという言語です。
コーダーがこのJavaScriptを使うことでエンジニア業務と兼業する会社が増えています。

プログラマー

Webサイトが機能的が動作するようにプログラムを書く人のことです。
システムエンジニアやディレクターが作成した仕様書や設計書を元に、開発言語を用いてシステムが要望通り動作するように作っていきます。

使用する開発言語は会社により異なります。現在では、
Java
PHP
Ruby
Python
JavaScript
と呼ばれるプログラミング言語が主流となっています。
この中でもWeb業界ではPHPとJavaScriptの使用頻度が圧倒的に高いです。

Webを専門的にやっていきたいのであれば、PHPとJavaScriptを学習しておくと良いでしょう。