独学の限界点。就職サポートの大切さ

Webデザイナーの職に就くためには、具体的にどのような勉強方法を選択すれば良いのでしょうか。Google検索をするだけで欲しい情報が簡単に手に入る時代に、なぜ独学ではなく、わざわざスクールに通う必要があるのでしょうか。

独学のメリット

今の時代、Webデザイン関連のメディアはかなり豊富になっており、ノウハウを無料公開しているサイトや動画チャンネルが多数存在します。
特にUdemyなどの有料動画コンテンツの場合は、カリキュラムの質も高いため、基礎的な学習には効果的です。

また、最近ではゲーム感覚でプログラミングを学ぶことができるProgeteというiOS&anroidアプリが人気になっています。

これらの方法で、学習コストを抑えて、自力で基礎スキルを習得するという選択肢もあります。

しかし、就職を目指すのであれば、これらのやり方では足りません。
「すぐに現場で活かせる仕事に直結したスキル」を修得するのは、かなりのセンスがない限りは難しいでしょう。

それはなぜでしょうか?

マニュアル通りに進む仕事は存在しないからです。

実際の仕事の現場では、マニュアル通りに事が進むことはほぼありません。
膨大な仕様の変更やクライアントからの無茶な注文、複雑な要件定義、マーケティング戦略上の仕様変更など…
現場に入ってみなければ分からないことは沢山あります。

スクールには、現役で活躍するプロ講師が在籍しています。第一線で活躍しているプロから、いま学んでいることが、実際の仕事ではどのように活きるのかを丁寧にレクチャーを受けることができます。

そのため、採用企業側から考えれば、独学で学んだ人よりも、スクールに通って学んだ人の方が、即戦力として計算できる可能性が高いということになります。

あなどってはいけない、就職・転職サポート。

スクールに通うもう一つのメリットは、就職・転職サポートが手厚いということです。
受講期間中にスクールからの紹介で就職が決まることもあります。
学んだ知識やスキルをすぐ実践で活かせるように、就職・転職サポートに力を入れているスクールを選択するようにしましょう。そういったスクールでは、就職に有利なポートフォリオを作成することができます。

一方で、独学で学び自力で転職活動をする場合は、書類で選考落ちとなってしまうことが多いため、かなり労力を費やすことになってしまいます。