未経験からWebデザイナーになるには?

Webデザイナーに必要なスキルとは?

Webデザイナーに求められるスキルの幅は年々広くなっています。
Webサイトのデザインを制作することはもちろんですが、起こしたデザインをWebブラウザで表示させるために、マークアップと呼ばれるプログラミングのような作業をすることが求められるようになりました。

会社によってはデザインとマークアップを完全に分業する場合もありますが、ほとんどの会社ではデザイナーがマークアップを兼業するようになっています。
Webデザイナーを目指すうえでは、マークアップに必要なHTMLとCSSの習得は必須といえるでしょう。

デザインのために必要なツールとは?

Webに限らず、デザインをする上で、圧倒的に高いシェアを誇るツールはAdobeのPhotoshopとIllustratorになります。デザイナーになるためには、最低限この2つのツールの使用方法を習得しなければなりません。
特にPhotoshopはどこの会社でも必ず使用されています。

マークアップに使用するツールは、DreamWeaver、Atom、VisualStudioCode、SublimeText、bracketsなど、シェアはばらばらな状態なので、スクールの方針に合わせてツール選びを行っても問題ありません。
DreamWeaver以外のマークアップツールは無料で使用することができ、基本的な機能は大きくは変わりません。基礎的なスキルを身につけてから、自分にあったものを選択するのが良いでしょう。

自分のポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオとは、デザイナーとして制作した自分の作品集のことを指します。Webデザイナーの採用選考は、まずはポートフォリオを元に進められることがほとんどです。
自分のセンス、スキル、知識量などをしっかり企業にアピールするために、質の高いポートフォリオを用意しましょう。
ポートフォリオのクオリティが低いと書類で選考落ちとなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

就職に有利になるポートフォリオ作成とは?

ポートフォリオ作成には、独学よりもスクールの利用をオススメします。
上で挙げた必須スキルを効率良く学ぶことができ、企業が求める人材にマッチしたポートフォリオを作成するためのコツを教えてもらうことができます。

また、就職支援を行っているスクールを利用すれば、スクールからの推薦で就職先が決まる場合があります。